私、ボルシチが大好きな映画や音楽、のことなどを・・・^^             


by pirozhki016
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

NHK連続テレビ小説「こころ」 2003年 

「トップキャスター」で玉木くん演じる蟹ちゃんの元彼女役で中越典子さんが出ていて、2人のツーショットを見ていたら急に「こころ」が見たくなりました。↓
b0093607_0595471.jpg
でもこれって総集編しかないんですよね・・・つまり、あまり人気なかったということ?^^;私もこの作品見ていたと思うんですけど、内容をほとんど覚えていませんでした(汗)でも役者さんたちは結構好きだったんですよ。CA姿の中越さんを見た時はキレイだな~♪と思いましたし、玉木くんも朝ドラにはなかったタイプ(笑)で爽やかな青年で好きでした。茶髪というのもなかなか新鮮でしたね。でも憤慨することが多かったような気がするんですよ(爆)もしかしたら脚本が微妙だったのかもしれませんねえ・・・。

でもとりあえず見てみることにしました。このドラマの総集編は3巻あるのですが、1・2巻はそんなに出ていなそうだったので3巻だけにしました^^;
裏を見てみるとすべての写真に匠くんがいて、期待膨らみます^^
DVD特典映像に今までのあらすじが入っていたのでどんなストーリーかすぐに思い出せてよかったです。でももう少し特典映像欲しいです、NHKさん(笑)それと1時間も本編があるのにチャプターがないって・・・^^;

ストーリーは浅草にある老舗のうなぎ屋「きよ川」に生まれた末永こころ(中越典子)はCAとして働いているのですが、彼女は朝倉優作(仲村トオル)に恋をします。でも彼はバツイチで2人の子どもがいて、周りの人たちから反対されるのですが、どうにか結婚。でもすぐに優作さんが吹雪の中で遭難し、こころは優作の子どもたちと一緒に生きていくことにするんですよね。それでCAを辞めて「きよ川」の若女将になっていく・・・というドラマでした。その他にもずっと離れて暮らしていた父親との関係とかいろいろとあったと思います(3巻だけなので詳細はわかりませんが)

で、玉木くんが演じるのは花火師の卵、堀田匠です。↓
b0093607_12123.jpg
前に「天国へのカレンダー」を見ていた時に竜雷太さんとのツーショットを見て懐かしい気がしていたのですが、その理由が分かりました。 竜さんは匠の親方だったんですね。3巻では匠くん随分と大人になっていたので定かではないのですが、確か浅草に上京してきていろんなことに反発しちゃうのではなかったのでは?それでこころがいろいろと助けると。
作品の良し悪しは別として、とにかく匠くんが見られればいい!(笑)と思いながら見始めました。



ハッピ姿を見て「そうそう、こんな感じだった匠くん♪」と少しずつ記憶が戻ってきました~。朝ドラで演じている若い俳優さんたちってまだ不自然さがあることが多いので玉木くんもそうかと思っていたのですが、この頃から上手でした^^あ、セリフ回しも変わっていません(苦笑)
『花火で見る人を励ましたい』と思っている匠くんはとってもカッコよかったです^^しかし「氷壁」といい「こころ」「功名が辻」といいNHKで玉木くんが演じる役は男っ!ていう役が多いですねー^^
あ、でも匠くん意外と天然なところもあったりするんです。好きな人を見つけた途端に全力で走って、田んぼの中に落ちていました(笑)↓
b0093607_047488.jpg
途中でどうしてそうなるの?と思い出せないところもありましたけど^^;やっぱりすべてが終わりに向かっているのでそれなりに感動しました。匠のこころへのプロポーズもステキでしたしねー。↓
b0093607_05724100.jpg
デジカメで撮ったのであまり写りは良くないですが、匠と愛犬ではなく愛牛の豆五郎と(笑)↓
b0093607_1224347.jpg
そういえば、このドラマに出演していた頃って玉木くんはまだバイトをしていたそうですね。朝ドラぐらいしかドラマを見ていなかった私は彼はジャンニーズとかアイドルだと思っていました(笑)苦労しながら演じていたのかと思うとできれば完全版をもう1度見たいデス^^
[PR]
by pirozhki016 | 2007-02-10 01:05 | 大沢たかお・玉木宏