私、ボルシチが大好きな映画や音楽、のことなどを・・・^^             


by pirozhki016
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

「解夏」 2004年

b0093607_213189.jpg
大沢たかお、石田ゆり子主演の「解夏」を見ました。ドラマ「愛し君へ」を既に視聴済みだったので今まで見ていなかったのですが、最近大沢たかおさんの作品をいろいろと見ていまして借りてきました。ストーリーは同じですが、映画とドラマとは違う作品のようでとてもよかったです^^

~あらすじ~
東京で小学校の教師をしている隆之(大沢たかお)は、視力を徐々に失っていくベーチェット病に冒され、故郷の長崎に帰る。大好きな町を目に焼き付けようと日々歩く隆之のもとに、恋人の陽子(石田ゆり子)がやってくる・・・



まず映画はドラマに比べてとにかく静かな印象を受けました。ドラマのように大きなエピソードがある訳でもありませんし、登場人物も少ないし(笑)

大沢たかおさん演じる主人公が失明するまでをまるで日記を読んでいるような感覚でした。演じる役者さんが違うとこんなにも異なる作品になるのかと思ってみたり(笑)藤木直人と大沢たかお、菅野美穂と石田ゆり子、主人公2人の基本的キャラは似ていると思うのですが、映画はより大人な作品って感じかな?^^

ドラマの中でも長崎の景色が流れていましたけど、映画はとにかくキレイなんですよね、同じ風景を撮っていても。どうして同じ作品でもドラマ・映画化をされるか分かったような気がしました^^;アングルがとてもいい!!ドラマを見た時はあまり思いませんでしたけど、映画では「また長崎に行ってみたいな~」と思いました^^

たかおさんはこの作品で2004年度日本アカデミー賞主演男優賞を取っているんですよね。セリフが少ないぶん表情がとってもいいんですよ^^石田ゆり子さんも可愛らしく、強い女性って感じで。彼女を見るとジミンちゃんを見ているような感覚になるんですよね。
主人公は失明していくわけですが悲しいんだけど、号泣するというよりも現実を受け止めていくことを見せてくれる作品でした。もう少し葛藤する姿を見せてくれてもよかったような気がしましたけど・・・

実はドラマでの終わり方が微妙だと感じていたのですが、今日見て「愛し君へ」の終わり方の意味が分かったような気がしました。

自分の愛する人が失明するとしたら、私は何を見せてあげたいでしょう。
あるいは自分だったら最後に何が見たいでしょう・・・


あ今年、原作者さだまさしさんの「眉山」の映画が公開されるんですけどたかおさんがまた主演なんですよね。こちらもとっても楽しみです^^
[PR]
by pirozhki016 | 2007-02-28 12:58 | 邦画